random☆random

てきとう、てきとう

田舎者の妬み嫉み

もうすぐゴールデンウィークですね。

不景気の影響で安上がりなレジャーを探し求める
大都会の迷惑な野蛮人が四国に上陸して
キャンプだ、自然だ、キレイな空気だと騒いで
見栄の為に借金まみれで買った3ナンバー枠のミニバンで
しつけのできてないガキを引き連れて
病原菌みたいに秘境みたいなところまで入り込んできて
ほっそいほっそい山道で対向できずに詰まって山中で渋滞を引き起し
「これだから田舎は・・・」みたいなことを窓を開けて大声でさんざん喚き散らしたのち
帰りの高速道路のSAPAで「なんもできんかった」「四国ってなんもない」と
連休中の思い出に浸りながらフードコートで晩ご飯を食べる・・・。
そんな時期ですね。

↑は、ここ数年間に連休で見かけた場面をつなぎ合わせた描写。
そして、そんな車のナンバープレートはだいたい「神戸」か「なにわ」

クッソ田舎の民の瞳には、こんなふうに映っています。

人が来てお金おとして潤うのは行政だけ。
個人的には爆買いの中国人も大都会の家族連れも
同じカテゴリーに入ってます。

  1. 2017/04/25(火) |
  2. 魂の雄叫び
  3. | コメント:1

センキョ

子供の頃は、選挙カーに手を振るの楽しかったけど
おっさんになった今、投票したところで自分の生活に
なんにも影響が無い事がわかるとただの迷惑なモノになったなぁ。

朝から晩まで同じ事を繰り返し喚きながら
騒音と排気ガスをまき散らしておいて
「みなさまのためにっ!!」「未来のためにっ!」って・・・・
ほなまず、その街宣車をやめんかい。

市政なんか市民の中で、やりたいヤツがやったらええやんか。
ただし、昼間にキチンと仕事こなして生活費を自分で稼いだうえで
夜とか休日とかに集まってやればいい。
草野球なんかと一緒。あくまで趣味。
ほんまに市のことが好きな人達同士で意見交わして
やったらええと思う。それで実績積んで、認められた人が
県政、国政にステップアップしていく仕組みの方が自然な気がするけどな。
※あくまでも個人的な意見です。


  1. 2015/04/25(土) |
  2. 魂の雄叫び
  3. | コメント:2

ジゲンバクダン

syachiku150115.jpg
時限爆弾型目覚まし時計を男子ごはんSPで見て
造れそうと、挑戦してみましたよ。

制作時間は、3〜4時間くらいでした。

ぐるぐるドカーーーーン。

  1. 2015/01/15(木) |
  2. 魂の雄叫び
  3. | コメント:0

東海大四の西嶋亮太が投げる超スローカーブで論争が起こってましたね。

私個人的な意見としては、
超スローカーブを投げること自体はどうでもええんです。
ただ、投げた後でニヤニヤするのが気に入らんのです。
とてつもなく不愉快なのです。
その事については誰も触れんのはなんでだろうか。

あと最大級に人を不愉快にしているのが
西嶋亮太の帽子の被り方。




  1. 2014/08/18(月) |
  2. 魂の雄叫び
  3. | コメント:1

どくはくで

2010.12.19
四国霊場八十八ヵ所 第十七番 井戸寺(いどじ)をまいりました。
そこでの出来事です。

まずはじめに、
私randomは、お遍路のツアーが嫌いです。
いや、正確には「よみうり旅行のハリキリ添乗員」のせいで嫌いになりました。
なんでかいうたら、ここの添乗員の奴らは、境内で叫ぶんです。
「本堂はまっすぐで~す」とか「大師堂までおすすみくださ~い」とか
それと、その添乗員の手下みたいな奴らが客の納経帳を持って境内をドタバタ走りまわって
お寺の厳かな雰囲気をキレイに踏みにじって銭もうけの匂いをプンプンさせるし、
あげくの果てには、私に次の寺までの道を聞いてきたアホもいました。
(14番 常楽寺から15番 国分寺までの近い距離。仕事なら調べて来とけよ)
そんなこんなで、お寺でツアーの団体を見ると「よみうり旅行のハリキリ添乗員」を
思い出して、イライライライライライライライライライライライライライラとなります。
ツアーのお客さんに罪はないんですけどね。

それともうひとつ、
お寺によっては、本堂に入ってお経をあげられる所があります。
ここ井戸寺もそうでした。
それを踏まえてお話しますとですな、

まず、井戸寺の境内には我が家の他に2組のツアー客がおりました。
ゆずりあう気などさらさら無く、当然のように本堂を占拠する団体。
もう慣れたんで写真でも撮りながら待ってました。
で、その2組が順次済んで、本堂から出て行くのを確認してから我々が中へ。
その時、団体客もおるし万が一客のどんくさいばばぁがつまづいてこけてケガしたり、
姑息なジジィが盗んだりしたらイカンと考えて三脚を持って入りました。
ほな、そこでお守りやら数珠やらお遍路グッズを販売しよるお寺のおばはんが
開口一番「機材は持って入らんとって」と言うのです。

本堂の中を撮影するのはご本尊様に失礼やと常々思ってるんで
撮影したことなかったんですけど機材を持って入る行為自体が
失礼にあたるやなと思ったんで外に出ようとすると
そのおばはんが追い打ちをかけるようにこう言いよった

「ツアーのお客さんがつまづいてこけたらイカンけんなー」

「ツアーのお客さんがつまづいてこけたらイカンけんなー」

「ツアーのお客さんがつまづいてこけたらイカンけんなー」

ツアー客が嫌いなうえに、2組も待って万が一まで考えた私に、このセリフ・・・
さずがにイライラもMAXにライドオンタイムですわ。

どうもこの四国霊場八十八ヵ所 第十七番 井戸寺(いどじ)さんは
私らみたいな個人の参拝者よりもツアー客の方が大事なんやと聞こえたんで
少し大きな声でマイ家族に「出よ。ここはツアー客の方が大事みたいや」と
皮肉たっぷりな台詞を吐き捨て本堂を後にしました。
そしたら今度は、取り繕うように「機材がめげたら(壊したら)いかんやろー」と
アホまるだしのフォロー。

もうね、なんかショックでね。
もし、私が海老蔵だったら顧問弁護士に泣きついて
精神的苦痛とかなんとかで莫大な慰謝料を請求するとこでっせ。
海老蔵関係ないか。

しかしまあ、そんなんもこんなんも全て修行やと考えなあかんのやろな。
人としての器がお猪口の裏しかない私には、お遍路がつらいです。


  1. 2010/12/20(月) |
  2. 魂の雄叫び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
次のページ

プロフィール

十一文字 土心

Author:十一文字 土心
訪問ありがとうございます。

『写真畜生』十一文字土心の
写真が見られるのは。
random☆randomだけ!


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

ブログ内検索