random☆random

てきとう、てきとう

コトヨロ

syachiku140106.jpg

2014 馬車馬



  1. 2014/01/06(月) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

グーグルさまさま

syachiku130816.jpg

グーグルの画像検索で『オヘンロダロ』と
入力すると、ここの写真がずらりとでてきて
なんだか個展みたいでうれしいのです。

お時間のある方は、是非一度お試しくださいな。

  1. 2013/08/16(金) |
  2. 未分類
  3. | コメント:1

「あ~あ」の続き

たくさんの方々から、嬉しいコメントをいただきました。
本当にありがとうございます。

私自身は、ブログで誰から何を言われようが
ちょっとヘコむくらいで、気にはしませんが、
私の言葉で、誰かがヘコむのはイヤやなと思うと
なかなかコメント返しができずにいます。

なんで、こんな事をブログで書いたかというと
わざわざコメントを頂いた方に何も言えず、
失礼な事をしているなぁと感じていたので
一度、きちんと現状をご説明させていただこうと思ったからです。
ほんとうに申し訳ありませんでした。

しばらくは、「コメント返し恐怖症」がつづくと思います。
それでも、訪問していただける方へ、あらためて・・・

ココは、観てもらうことを前提でブログをしているので
読み逃げ、見逃げ大歓迎です。リンクもフリーです。

てきとーてきとーをモットーにしている
いいかげんなブログですが、今後ともよろしくお願いします。

  1. 2011/10/30(日) |
  2. 未分類
  3. | コメント:5

あ~あ

>  ほんまにせめて書くなら面白く書いて欲しい、、出ないのなら本当に二度と来ないで欲しいです、、終わり
↑↑↑
こんなんとか、

> やはり、いいカメラをお持ちの方は違いますね。
↑↑↑
こんなんとか、


> 当方のブログへの定期的な読み逃げ、今後は硬くご遠慮願います。
> このような訪問では、他のブロガーさんから見ても迷惑なのではないでしょうか。
↑↑↑
こんなコメントが来るから、せっかくコメントいただいても
何気ない言葉で、相手を傷つけてしまいそうで
コメント返しできなくなってます・・・

ただ、他の方からのコメントは更新意欲につながってます。
いつもありがとうございます。

  1. 2011/10/29(土) |
  2. 未分類
  3. | コメント:14

おいやんさんsenta.さんのところで拝見したので
コピペしておきます。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

以下 富士色ふぉと さんからの転載記事です。

我々ブロガーにしか出来ないことがあります。
ブロガーは拡散してください。
ブロガーは記事を転載してください。
MIXI・facebook・twitter・ブログ等、貴方の1記事が人を助けることが出来ます。
協力してください。



避難所:
全国避難所マップ http://animal-navi.com/navi/map/map.html
23区避難場所 http://cgi.mobile.metro.tokyo.jp/aps/tosei/bousai/hinan.html
岩手県避難場所 http://www.pref.iwate.jp/view.rbz?of=1&ik=0&cd=28306
東京都内避難所一覧(Googleマップ) http://bit.ly/g5l5PO
宮城県避難場所リスト http://www.pref.miyagi.jp/kikitaisaku/wagayade/hinan_bashoshin/hinan_top.htm
福島県避難場所リスト   http://www.bousai.ne.jp/vis/jichitai/fukushima/refuge_frame.html

こちらも 93りん san のブログから

[拡散希望]
透析患者は透析できないと命に関わります。
お願いします。

【血液透析の必要な方】
透析可能病院と、ベッドの数が記載
http://t.co/YymTvBQ
日本透析医会災害情報ネット

皆さん、拡散お願いします。



災害時対処法

これを読んだ方、可能な限りコピーペーストで広めて下さい


・これから夜になるとき。
阪神大震災で最後に最大に悲惨に襲った災害は、
「治安悪化」による「人災」です。
大切な人を守ってください。
一人でいる人は、最寄りの知り合いと小さくても良いので
コミュニティを作りましょう。

・避難した女性の方。
  絶対に一人で公衆トイレに行かないで。
  便乗する性犯罪者がいます。
  常に誰かと行動して、トイレも二人以上でいくようにしてください。

・赤ちゃんがいる方。
  赤ちゃんの頭にタオルでも何でもいいので、
  クッションになるようなものを置いてください。
  阪神大震災で、テレビが飛んできて死亡した乳児がいました。
  彼の死を無駄にしないで。

・電話の使用は極力避けてください! 
  非常の為の119番や110番がかかりづらくなっています。 
・地震が起こったら、必ず窓を開けてください。
  そして、家にいる人は、水道が止まる前に、お風呂に水をためてください。
  まだ、電気が通じる人は、ご飯を炊いてください。
  阪神淡路大震災の経験から、皆さんに伝えます。

・停電をした地域は、必ずブレーカーを全て落としてください。
  また避難する際も絶対にブレーカー落としてください。
  送電時に火災になって家が燃えてしまいます。
  停電から復旧した瞬間ショートして火災というケースも多いようですので、
  停電してても落としてください。
  通電されたら小さなブレーカーを一つづつ入れて下さい。
  漏電ブレーカーが落ちるようでしたら、無理に入れず、 
  電気事業者等に連絡をとって下さい。

・ガスの元栓をしめてください。
  ガスが充満すると静電気だけで大爆発が起こります。
・断水の可能性がありますので、お風呂に水をためてください。
  飲料水の確保もお忘れなく。
  ネットが使えるうちに自分の住んでる地区の避難場所を確認してください。

・足元数十センチの津波でも足をすくわれ一気に沖合まで流されます。
  絶対に見物などには行かないようにしてください。

・車のトランクにタイヤ交換用のジャッキがついているはずです。
  瓦礫の下敷きになっている人を救助する場合、かなり重要になってきますので、
  提供をお願いします。

・室内に居る時も、履物の確保をしてください。
  ガラスの破片で足を怪我すると、命取りです。

・避難する時は、雑誌を頭に載せてタオルやシャツで包むだけでも
  簡易ヘルメットになります。
  おなじように足に巻けば、履物になります。

〈自由少女・仁王カオルさんのブログより〉

☆【現場での心得】
● 避難の際は、可能であれば以下を持ち出すようにしてください。
  □現金
  □身分証明書
  □印鑑・預金通帳・保険証
  □飲料水(1人1日3リットルが目安)
  □非常食(缶詰、アルファー米、インスタント食品など)
  □携帯電話と非常用充電器
  □家族の写真(はぐれた時の確認用)
以下、あると便利
  □懐中電灯
  □サランラップ
  □タオル
  □ナイロン袋
  □笛

☆【知ってると便利】
●キャップがオレンジ色のペットボトルは熱に強い構造をしています。
お湯が確保できるならお湯を入れれば簡易湯たんぽやカイロ、飲み水にもなります。
体温調節が難しいお年寄りや赤ちゃんに利用してください。

●首、手首、足首、の三つの露出部分をしっかり保温すれば、
体温を暖かく保つ事が出来るとの事です。いろいろ調べましたが、
と に か く 首 を 暖 め ろ 

●移動する時や避難袋に笛を加えて下さい。
イザという時に、声が出せない時でも笛は役にたちます。

●家具に埋もれて動けなくなったら机の脚でも何でもいい、
とにかく叩けるものを叩いて音を出せ。
“2・5・2”のリズムは「要救助者あり」の信号。
消防職員が必ず救助する。

●現在携帯のメールは勝手に受信せず、新着メールの問い合わせ(センター問い合わせ)を
しないと受信しないです。
教えてもらわないと気がつかない人がいます。
拡散RTを繰り返してあげてください。

●デマ募金・義援金・救助要請などのチェーンメール・ツイッターが蔓延しています。
お互いの協力が大切ですが、余力のない方がほとんどと思われます、
まずは自分の身の回りの安全の確保をなさってください。

●車など狭い場所で夜を明かす人は、エコノミークラス症候群に注意
こまめな水分摂取、時間ごとの適度な運動、なるだけ緩めの服装などで予防

☆【余震対策】
● 余震への警戒は1週間は続けてください。
地震から3日たっても震度5以上の余震が続く可能性は十分にあります。

●大きな余震がまだ懸念されています。なるべく水ものは下に降ろし、
ガスの元栓は締め切り、すぐ出られるように簡単でいいので荷物を作っておいて下さい。

●車のキーはさしっぱなしにした方が後で動かしやすい。

●睡眠時に支障が出ない窓、扉は開けておくといざという時困らない。

●浴槽に水ためる。ありったけ米炊いとく→おにぎりにしとけ。
避難の際はブレーカー落とす。


●妊婦の方はご自身から妊娠中であることを自己申告し、
優先的に救助されて下さい。
外見からでは妊娠初期は分かりません。妊婦さん、乳幼児の周りにいる方、
妊婦さんの声を聞いて上げて下さい。
妊婦さん、戦時でも沢山の健康な赤ちゃんが産まれています。
どうぞ安心して。絶対に大丈夫です。
↑妊婦の方、もしくは近くに妊婦の方がいらっしゃれば力になってあげてください。

●避難するときの注意点
壊れたガラス等が散乱していると足元が危険なので靴をはく
へルメットか綿の入った帽子、なければ座布団やクッション等で頭を保護
ケガ防止のため肌の露出は避ける
煙が出たら、濡れタオルを鼻に当てる
エレベーターは使わない
正しい情報を手に入れる
車で避難しない
できるだけ落ち着くこと
ガラス窓、ブロック塀などの近くは歩かない

● 1人で過呼吸やしんどそうにしてる方を見かけ、余裕のある方はついてあげてください。
パニック障害を起こされた方の経験上、それだけで随分違うそうです。

●震災の時に、建物に赤い紙が貼られていたら、それは「全壊」の判定を受けた建物です。
倒壊の危険性が高いですので、近寄らないようにしてください。

【感染予防】
①けがをしたら、傷を流水でを洗い流してから、清潔な布で覆ってください。
とにかくよく洗うこと。
②救助の際、他人の傷口・血液には直接触れないでください。
ビニール手袋などがない場合は、スーパーの袋などを手にかぶせて救助してください。






上記の記事について指摘を頂いたので
そちらも追記します

地震が起こったら窓には近付かないでください
窓ガラスが割れて怪我をするおそれがあります。

窓を開けるのは地震が起きる前か、揺れが収まってから、
窓ガラス割れていないことを確認して開けましょう。

まずは開けるなら『ドア』です。避難場所を確保してください。

さらに、お風呂に水を溜めることはしないでください。
水は貴重です。
全家庭が水を大量に使用すると、火災現場や炊き出し等に使う水が不足します。
また、避難の際に水を出しっぱなしにしてしまうケースが多いため、水不足が懸念されます。
被災地に近ければ近いほど水の使用は制限してください。

自分のことより全体のことを考え行動してください。

さらに一番危険なのは米を炊くことです
今はまだ余震が続いている状態です。
もし、ガス漏れがあった場合、引火し爆発するおそれがあります
(米を炊くのはガス漏れの
危険性がない地域限定にしましょう)

辛いとは思いますが炊き出しを待ちましょう。
さらに、地震の影響で泥水が混ざっている可能性があるので十分な注意が必要です。
また電気が後々不足する事態が予想されます。節電にご協力願います

  1. 2011/03/14(月) |
  2. 未分類
  3. | コメント:4
次のページ

プロフィール

十一文字 土心

Author:十一文字 土心
訪問ありがとうございます。

『写真畜生』十一文字土心の
写真が見られるのは。
random☆randomだけ!


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

ブログ内検索